株式会社ムーヴ ページ番号 ショッピングカート

レーザー距離計で測定した結果をアプリに転送できます!


ライカジオシステムズのスマートアプリは、Bluetooth®内蔵のLeica DISTO™とスマホやタブレットPC間の理想的なインターフェースです。
従来の手書きメモからデジタル記録へ移行することで、ワークフローをシンプルにすることができます。
このページでは、Windows PCへデータ転送が行える最新のアプリである Leica DISTO™ transfer について説明します。

測定データをアプリへ自動転送します


レーザー距離計専用のアプリやソフトウェアについての問合せ先はこちらから


Leica DISTO™ D510は、WindowsPC・タブレット端末からのリモート制御(照射ボタン押下・連続測定)に対応しておりませんが、測定結果の数値をWindowsPC・タブレット端末に送ることはできます。

※ アプリのインストールおよび利用に関しては、ご利用者様個人の責任においてご活用いただけますようお願いいたします。
ご利用に際し、期待する効果の有無や何らかの損害が生じても、弊社は責任を負わないものとさせていただきます。

DISTO transfer について

対象機器とオペレーション

ソフトウェアの概要はこちら  ダウンロード

DISTOとの接続モードはBluetoothとWiFiの2種類から選択します

   
対応機種: Bluetooth®Smart搭載モデル[D1/D110/D2/X3/X4/D510/D810 touch/S910]およびWiFi搭載モデル[S910]

動作環境: Bluetooth®4.0 以上 またはWLAN(S910のみ) / Windows10(S910ご使用の場合のみWin7、10)

Leica DISTO™ S910、X4 + DST360、X3 + DST360はXYZの3次元座標値取得および2点間距離を計算機能あり。

測定した距離や傾斜角をExcelにリアルタイムで転送できます。

セルがアクティブになっている場所に値を転送するため、メモ帳や自社システムに送ることも可能。

PC/タブレット端末側から測定ボタンを押せ、最短5秒間隔で自動測定できます。

Windows 端末へ転送

DISTO transfer使い方


Leica DISTO™ で測定した値はBluetooth®またはWLANでWindows端末へ転送します。WLAN搭載はS910のみのため、その他モデルはBluetooth4.0を使用。


■ Bluetooth®通信の場合: Windows10タブレット / PC、Bluetooth®4.0以降

■ WLAN通信の場合: Windows7 / 10タブレット / PC

キーパッドモード

DISTO transferを使用しなくても[キーパッドモード]を使用することでBluetooth®通信で測定値(距離のみ)をWindows端末のメモ帳やExcelへ転送することは可能です。
[対象機器:X3、X4、D810touch、S910]



■ キーパッドモード使い方【 動画はこちら 】

■ iOSまたはAndroid端末向けキーパッドモード【 動画はこちら 】


キーパッド使い方