株式会社ムーヴ ページ番号 ショッピングカート

Leica Rugby 誰にでもカンタンに操作ができます! | 水平・鉛直レーザーに2つの勾配設定可能なモデルまでラインアップ

ライカ 回転レーザーレベル ラグビーシリーズ とは?

誰にでもカンタンにレベル出しができます!  自動整準型の回転レーザーレベル!

ライカの回転レーザー Rugby シリーズは、自動整準型の回転レーザーです。 シンプルな操作性と丈夫なハウジングにより使いやすく、精度も高く信頼性のあるレーザーレベルです。

見やすい赤色レーザーで内装作業にも適しています。 また、防塵防滴機能にも優れ機種によっては完全防水設計で突然の雨でも作業を妨げることがありません。
職種や操作する方に関係なく、作業の効率向上を加速させ、あっという間に仕事を終える回転レーザーです。



保護等級 IP67とIP68 の堅牢ボディと安心の長期保証!

ライカの回転レーザー Rugby シリーズは、自動整準型の回転レーザーです。
シンプルな操作性とIP67/IP68仕様の堅牢なハウジングにより、埃の多い現場や急な雨にも対応できる使いやすく、保証期間の長い回転レーザーレベルです。

見やすい赤色レーザーで内装作業にも適しています。 また、リチウムイオン充電池により、使用済み乾電池の廃棄によるゴミの削減やが限りある資源の有効活用を目指した回転レーザーの新たなスタンダードとして登場しました。
パワーアップした受光器は、ミリ単位の数値で表示することができます。

ライカ 回転レーザーレベル Rugby600 シリーズ とは?

  


Rugby 640の製品アップ画像

Leica Rugby 640

Rugby 640Gの製品アップ画像

Leica Rugby 640G(グリーンレーザー)

Rugby 620の製品アップ画像

Leica Rugby 620

Rugby 610の製品アップ画像

Leica Rugby 610

Rugby 600シリーズの保証内容

Lifetime Manufacturer's Warranty

製品を使用されている間、ライカ ジオシステムズの国際限定保証 (Leica Geosystems International Limited Warranty) の規定に基づき保証されます。 この保証には、無償修理や無償交換が含まれます。
製品上、製造上の問題に起因する不具合が発生した製品に対し、ライフ・タイム製造保証が適用されます。

No Cost Period / Certified Quality / Swiss Technology

アフターサービスについての詳細は、上記画像をクリックしてご確認ください。

Rugby640グリーンレーザー

Leica Rugby 640G グリーン回転レーザー

屋内・屋外問わず視認性に優れた緑色の光を発することができる回転レーザーです。

グリーンレーザーは最新の緑色ダイオードテクノロジーを採用しており、受光器がない場合でも最大30メートルまでの視認性があります。
過酷な現場でも耐えうるようIP67仕様で最大60時間まで連続動作します。

Leica Rod Eye 120G 付属

デジタル数値表示機能が高さの読み取りおよびオフセットでの作業を効率化・高速化。7cmの受光ウィンドウにより最大 200 m (半径) の距離までレーザーを受光できます。

  



水と埃に対する耐久性はIP67仕様の回転レーザー

IP67の「6」は、外来固形物に対する保護等級の6級にあたり、粉塵が中に入らない(耐塵形)となります。
また、2桁目の「7」は、水の侵入に対する保護等級の7級にあたり、継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)となります。
従って、急な降雨やほこりの多い現場でも安心してお使いいただけるように設計した回転レーザーとなります。


耐久性・環境への負荷に対して抜本的に見直した新しい回転レーザー

従来のRugby100シリーズに対して設計を大きく見直して、保護等級だけでなくハウジングにも大きな変化があります。
万が一の転倒時には、ハンドルが衝撃を吸収し、故障に繋がらないよう機器内部への影響を最小限に抑える設計となります。
また、上部やハウジングの周りにもプロテクトラバーによる堅牢な設計となり3年保証と合わせてランニングコストの低減に繋がっています。


勾配設定のオート/マニュアル操作

Rugbyは常にオートモードで起動します。 5°の自動整準範囲内に設置されていれば、Rugby が自動的に水平調整され水平にレーザーが照射されます。
整準完了後、ヘッドが回転を始めRugby は利用可能となります。
また、回転を始めて約30 秒後にH.I. 警告 警告システムが起動し、レーザーの高さが三脚などの動きによって変わった場合にアラームにより誤った利用を防ぎます。


起動後、オート/ マニュアル切替ボタンを押すと上下の矢印ボタンで勾配設定が行えます。
下記の画像は、Rugby620を例に説明しております。


マニュアルモードによる勾配設定

デジタル受光器は、矢印と数値でセンターを表示します

パワーアップした受光器は上下の矢印に加え、中心までの距離がミリ単位の数値で表示されます。
レーザー受光幅も12cmと従来の2.4倍になりました。 また、受光器の裏側にも表示部分があり、とても見やすくなりました。


デジタル受光器 RodEyeの表示


マニュアルモードによる勾配設定

Rugby600シリーズの電源は、アルカリ電池やソーラーパネルが利用可能

比類ない多機能性で電源供給がいつでもどこでも可能です。

 
■ リチウムイオン電池   インテリジェントで耐久性の高い電池コンセプト
■ 交換可能なバッテリパック   アルカリ電池とリチウムイオン電池を状況に応じて交換可能
■ バッテリー充電   車内(12V)電源やソーラーパネルによる晴天時の屋外で充電可能


パワー供給は多種

リチウムイオン電池は入替えて使います



ライカ ラグビー Rugby600 シリーズ の主な仕様

ライカ レーザー受光器 Rod Eye の主な仕様



オプションは・・・

 

受光器は、回転レーザーレベルからのレーザー光を受光し、受光高さを表示します。 地面を平坦にする、傾斜勾配を付ける、掘削深さを確認するなど、土木・建設・農業等の工事現場で正確にオペレーターをガイドします。

Leica Rod Eye の受光器とアクセサリーは、高い基準のもと設計され、難しい手順なしで、Leica Rugby と使用することができます。

レーザー機器のオプション